WEB MASTER  
             

陸上競技の用器具ご利用について

1・2レーン(1時間)のご利用
利用方法 利用当日の窓口でのみの受付
条件 混雑時は2〜8レーンを開放するため1レーンのみの貸出しとします
予約が無い時間は当日利用もできます
備考 ウレタンの摩擦の偏りを無くすための措置
ハードル(2時間)のご利用
利用方法 利用を希望される際は管理事務所申し出て東倉庫の前でお待ち下さい。管理スタッフが立ち会います
終了時は管理事務所に申し出て、用器具を台車に乗せ東倉庫の前でお待ち下さい
全数 30
貸出し限度数 10
条件 利用はバックストレートでお願いします
1・2レーン専用利用の際はハードル、スタブロのコーナー利用は可能です
備考 安全性を確保するためお守りください
※個人でのハードルの持ち込みは可能です
※練習での110mハードル出来ません。詳細は事務所までお問い合わせください
スターティングブロック(2時間)のご利用
利用方法 利用を希望される際は管理事務所申し出て東倉庫の前でお待ち下さい。管理スタッフが立ち会います
終了時は管理事務所に申し出て、用器具を台車に乗せ東倉庫の前でお待ち下さい
全数 10
貸出し限度数 3
条件 利用はバックストレートでお願いします
1・2レーン専用利用の際はハードル、スタブロのコーナー利用は可能です
備考 安全性を確保するためお守りください
走幅跳(2時間)のご利用
土日祝 踏切板は設置してありますので利用を希望される際は管理事務所に申し出て東倉庫の前でお待ち下さい
ホウキ、スコップ、トンボをお貸しします
終了時は管理事務所に申し出て、ホウキ、スコップ、トンボを台車に乗せ東倉庫の前でお待ちください
終了後の踏切板、ゴム板、角材の片付けは必要ありません
競技方向の変更を希望される際は、管理事務所に申し出て下さい
平日 利用の際は管理事務所窓口に利用を申し出た上、東倉庫の前でお待ち下さい。管理スタッフが立ち会います
踏切板の脱着は利用者の方にお願いしております。人手が不足の場合は管理事務所に申し出て下さい
全数 3
貸出し限度数 1
条件 ホウキ、スコップ、トンボの出し入れは利用者にお願いしております
砂場シートは2名以上での脱着をお願いします
1名様の利用の際は管理事務所に申し出て下さい
利用後は砂場の砂を均して下さい
棒高跳の予約がある時間帯の貸出し数はメイン側の2箇所となります。
備考 シートに余計な負荷を掛けないためです
砲丸投(2時間)のご利用
利用方法 利用の際は管理事務所窓口に利用を申し出た上、東倉庫の前でお待ち下さい。管理スタッフが立ち会います
全数 1
貸出し限度数 1
条件 落下域シートの脱着は複数人でおこなって下さい。1〜2名様の際は管理事務所に申し出て下さい
備考 シートに余計な負荷を掛けないためです
走高跳(1時間30分)のご利用
土日祝 利用当日の窓口でのみの受付
マットは定位置もしくは高跳び施設の近くに出してあります
利用開始と終了の際は管理事務所窓口に申し出て、支柱とバーを台車に乗せ、西倉庫の前でお待ち下さい。管理スタッフが立ち会います
終了後マットの片付けは必要ありません
平日 利用当日の窓口でのみの受付
用器具の準備、片付けは4名以上でお願いしていますが、3名以下のご利用の際は管理事務所まで申し出て下さい
全数 1
貸出し限度数 1
条件 マットは芝管理の都合で設置位置を指定させて頂きます
支柱とバーの出し入れは利用者の方にお願いしております
利用中に雨が降ってきた際は利用を中止し、マットは倉庫に収納します
平日で連続利用がある際は、前利用者のマットの収納、後利用者のマットの設置は必要ありません
備考 マットの中まで濡れ、乾燥するまで時間を要するためです
ストップウォッチ、巻尺、バトン、マーカー、ラダー、コーナープレート、ミニハードル(2時間)のご利用
土日祝 利用時
平日 利用時
備考 各用器具には貸出し限度数があります。詳しくは窓口でお聞きください
棒高跳びのご利用※ご利用には下記の条件がございます
1.使用日が土日祝ではないこと
2.使用者が所属する団体の拠点が町田市内であること
3.使用者が公益財団法人日本陸上競技連盟が定める、別紙の主要競技会及び国際競技会の参加資格のある選手であること
4.使用日に指導監督する指導者が専任すること
5.使用日に棒高跳び用具の設置と収納を行える人員がいること
6.自己の棒高跳ポールを持参し使用すること
7.降雨中でないこと(降雨後であっても棒高跳用マットを設置する範囲が完全に乾燥していること)
注意事項

用器具の貸出しは1団体3種類まで。混雑時は2種類に減ずることがあります。
施設・用器具を破損した場合や破損を発見した場合は、速やかに管理スタッフに申し出て下さい。