アマツバメ 夏の鳥


野津田公園で初めてアマツバメを見ることが出来ました。曇天からやや明るい陽がさし暖かくなってきた頃に、ツバメが飛び始め空中の虫たちを捉え始めました。
眺めていると、大きくて翼の長い’ツバメ’が、1羽飛んでいました!市内でも時々見かけるヒメアマツバメだろうと写真を撮ってみると、腹に横縞があり、腰が白くて、
燕尾のアマツバメでした!

主に海岸や標高の高い山の崖地などで繁殖する夏鳥です。翼開長45cmも有る翼は長くて滑るように滑空していました。
アマツバメは分類上は、アマツバメ目アマツバメ科に分類され、ツバメはスズメ目ツバメ科なのでちょっと離れた関係です。
渡りの時期などには、市街地などでも見ることが出来ます。
広い広い空には何かが?飛んでいます!! 探して見てみましょう!

コメントする