夏の鳥 ホトトギス やって来ました!

「テッペン カケタカ」と大きな声で鳴く鳥 ホトトギスがやって来ました! もう初夏の雰囲気です!
朝8時頃に公園に着くなり、いきなり樹林の中から大きな声で鳴いているホトトギスの声が聞こえて来ました!
今年は訪れが少し早いな!などと思いながら、鳴いている樹林に行きました。
背の高い緑深いの樹林の高いところで鳴いているので、姿は見えません。開けた場所で、しばらく待っていると、
何度か樹林の脇を飛び回るのを見ることが出来ました。広いエリアで場所を変えて鳴いていました。
飛翔形は、一見タカのように見える形をしています。樹林の中も敏捷に音を立てずにすばやく飛び回ります。
ホトトギスは、カッコウ、ツツドリと同様に、托卵と言う習性を持っており、自身では、営巣・抱卵・育雛はせず、
ほかの鳥の巣に卵を産み落とし、ほかの鳥に抱卵育雛をしてもらいます。
ホトトギスの托卵先は、主にウグイスだそうです、またガビチョウに托卵する例もあるようです。
托卵先のウグイス、ガビチョウとも野津田公園では沢山繁殖しているので、ホトトギスにとって、お誂え向きの公園です!

コメントする